real estate

交通面を考えて

最近では、賃貸マンションなどを借りる際にポイントにすると良い点がいくつかあります。良い条件で借りる際には交通面なども多少考えてから利用するとかなリ変わってきます。

Continue Reading »

物件をしっかり探す

賃貸物件を探す方法としては、ネットを使ったり不動産会社に相談に行ったりなどして、自分好みの物件を探していく必要があるのでインターネットや不動産業者を積極的に利用していきましょう。

Continue Reading »

情報を入手しよう

新しい部屋で新しい生活を送るときには、いろいろと楽しみなものかもしれません。学校に行くためだったり、会社に行くためだったり、賃貸物件を借りる目的はさまざまとなっています。

Continue Reading »

メンテナンス面

簡単なメンテナンスはDIYで

新築で買ったマンションも、いずれは古くなります。専有部分については所有者がメンテナンスをしなければいけません。メンテナンスの幅は広く、かかる費用もバラバラですが、DIYでメンテナンスするといいでしょう。業者にやってもらうより、格段にコスト削減ができます。 例えば、壁紙のはがれ程度ならDIYで簡単に直せますし、その程度で業者を呼ぶ人はほぼいないでしょう。お金がもったいないと言っても言いすぎではありません。最近は、壁紙補修用の接着剤がたくさん売られています。DIYでメンテナンスを行いやすい環境ができているのです。 自分でマメにメンテナンスをすれば、コスト削減はもちろんのこと、快適な空間をいつまでも保てます。永遠の住み良さはまさに理想郷です。

管理組合がきちんと機能していないと

簡単なメンテナンスならDIYでやった方がいいですが、間取り変更などのリフォームになるとDIYでは難しいです。業者に頼んだ方がいいでしょう。 しかし、マンションの専有部分のリフォームを行う前に、マンションの大規模修繕のことを把握しておく必要があります。 一般的に、マンションは10年に一度大規模修繕を行います。管理組合がきちんと機能していれば、大規模修繕のための積立金もプールしているでしょう。しかし、ルーズな管理組合も多く、その場合は一時金を各戸が負担しなければいけません。どれ位負担するかはマンションの規模によって変わりますが、平均で100万円と言われています。管理組合が機能しているかしっかり調べましょう。